原材料

ビセラ(BISERA)の全成分を教えて!怪しい成分は入ってる?

投稿日:

原材料名を見て、「これなに?」って成分、良くありますよね。

ビセラ(BISERA)の全成分を教えて!怪しい成分は入ってる?

ビセラ(BISERA)の気になる成分を徹底解析!

普段見逃してしまうような成分に視点を当てて、全成分をチェックしました。

ビセラ(BISERA)の全成分

ビセラ(BISERA)の全成分

まずは全成分をみてみましょう!

食物繊維(有機アガベイヌリン)、乳酸菌(殺菌(乳成分を 含む)、乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)(大豆成分を含む)、酪酸菌末(乳、大豆成分を含む)、乳酸菌プレミックス (乳酸菌29種)(乳成分を含む)、乳酸菌末(乳成分含む)、有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)、ガラクトオリゴ糖、デキストリン、マルトデキストリン/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、HPMC、増粘剤(ジェランガム)、微粒二酸化ケイ素

謎の成分がたくさんありますね…

それぞれの成分について、ご紹介します♪

これなに?ビセラ(BISERA)の知っておきたい成分!

これなに?ビセラ(BISERA)の気になる成分!ビセラ(BISERA)には、32種類のダイエットサポート菌が配合されています。

乳酸菌・乳酸菌生産物質・酪酸菌末・乳酸菌プレミックス・乳酸菌末・有胞子性乳酸菌

これらは、腸内環境をよくしてくれる成分というのが分かりますよね。

その他の成分はどのような働きや効果があるのでしょうか。

調べてみると、2つの成分に分類できると分かりました。

  1. 乳酸菌のエサになる成分
  2. カプセルをくっつけたり湿気から守る成分

それぞれの働きに分けて詳しくみていきますね♪

乳酸菌のエサになる成分

乳酸菌のエサになる成分善玉菌と悪玉菌は、常に腸内で縄張り争いをしています。

善玉菌を増やすためには、乳酸菌を摂れば良いというのはよく知られていますよね。

しかし、腸内細菌はエサがないと死んでしまうんです!

そのエサとなるのがこれらの成分です!

食物繊維(有機アガベイヌリン)

食物繊維は、「第六の栄養素」として重要視されています。

腸内細菌のエサ以外にも腸内の悪玉菌を減少させたり、有害物質を減らす働きもあります。

 

ガラクトオリゴ糖

母乳も含まれている成分で、熱や酸に強いオリゴ糖です。

特にビフィズス菌の増殖を助ける働きがあります。

 

デキストリン

デンプンの仲間で、不足しがちな食物繊維を補う目的で作られた成分です。

低粘性・低甘味で溶けやすく、水に溶かした場合はほぼ透明です。

耐熱性・耐酸性にも優れているので、あらゆる食品に利用されています。

 

マルトデキストリン/結晶セルロース

マルトデキストリンは、でんぷんを酵素分解したデキストリンの仲間です。

甘みが非常に少なく水に溶けやすいため、スポーツ後の栄養補給に良く利用されています。

 

毎日摂取すれば、たっぷりとエサを送れます。

その結果、善玉菌が増えて、腸内環境が改善されるというわけですね!

カプセルをくっつけたり湿気から守る成分

カプセルをくっつけたり湿気から守る成分ビセラ(BISERA)は、胃で溶けずに腸まで届く、特殊加工のカプセルを採用しています。

菌を生きたまま腸まで届けるためのカプセルの成分や湿気から守るための成分も含まれています!

ステアリン酸Ca

90%のサプリメントに使われている、乳化剤や凝固剤として使用されることが多い成分です。

 

HPMC

ヒドロキシプロピルメチルセルロースのこと。

セルロースの変化した成分で、吸収される心配もなく、体には害はないとされています。

食品添加物として、調理食品の美観を向上させる目的でも使用されています。

 

増粘剤(ジェランガム)

液体の粘性を高めるための添加物です。

 

微粒二酸化ケイ素

食品添加物の一つで、湿気を吸って固まらないように配合されています。

 

ビセラ(BISERA)に怪しい成分は入ってた?

ビセラ(BISERA)に怪しい成分は入ってた?ビセラ(BISERA)の全成分をリサーチしましたが、いかがでしたか?

怪しい成分は一つもなく、どれもサプリメントに必要な成分でしたね!

腸内フローラをサポートしてくれる成分もしっかり配合していると分かりました♪

だから健康にも美容にも良いダイエット方法として、今注目されているんですね!

-原材料
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ビセラ(BISERA)の効果を徹底調査【31歳ぽっちゃり】痩せる?痩せない? , 2018 All Rights Reserved.